Webライターの始め方

Webライターとは?仕事内容や必要なスキルを解説│未経験から始める方法も紹介


こんなお悩みを解決できる記事を書きました!

「Webライターに挑戦してみたいけど、何から始めればいいのか分からない……」

「Webライターを始めてみたいけど、スキルや資格は必要?」

「Webライターってどうやったら稼げるんだろう?」

いざWebライターを始めようとネットでいろいろ検索しても、情報が多すぎて何から始めればいいのか分からないですよね。

僕もWebライターを始める前は、特別なスキルや資格、経験がなかったので色々考えて行動できずにいました。

しかし、Webライターを1年間続けて分かったのは、始めたいと思ったら今すぐWebライターを始めた方がいいということ。

なぜなら、タイピングや資料作成のスキルなど、社会人に必須のスキルさえあれば、誰でもWebライターを始められるから。

未経験者でも勉強して行動すれば、月に10〜20万円ほどの副業収入は十分稼げますよ!

本記事では、僕の体験談を踏まえて「Webライターの仕事内容や始め方」を紹介していきます。

本記事を最後まで読めば、Webライターの仕事内容や年収、始め方を理解でき、今日からでもWebライターを始めて稼ぎ始められますよ!

Webライターに挑戦したいけど行動に移せていない方は、本記事の内容を参考に行動に移してみてください。

目次

Webライターとは、ネットや書籍から情報を集めて記事を書く仕事

まずは、Webライターについて詳しく解説していきます。

  • Webライターの仕事内容
  • Webライターの報酬形態
  • Webライターの働き方

1つずつ見ていきましょう。

Webライターの仕事内容

Webライターの仕事内容は、Webメディア記事の執筆代行です。

ネットや書籍、インタビューから情報を集め、集めた情報を読みやすい文章にまとめるのが主な仕事。

具体的には金融や旅行など、様々なジャンルのWebメディア記事を執筆していきます。

実際僕も、初心者の頃は以下のようなWebメディアの記事執筆代行の案件に応募し、実績を積み上げていきました。

  • 自己啓発、ビジネス系
  • あるガジェットの情報まとめ
  • アウトドア系
  • DX、プログラミング系
  • 広告、マーケティング系

Webライターは、スキルや資格がなくてもPCで文章を書ければ誰でもすぐに始められるので、副業にもっともおすすめの仕事ですよ。

文章を書く仕事に興味がある方は、Webライターから始めましょう!

Webライターの報酬形態

Webライターの報酬形態は以下の2つ。

  • 文字単価:1文字1円といったように文字数で報酬が決まる
  • 記事単価:1記事1万円といったように記事数で報酬が決まる

1文字1円って、全然稼げなくないっすか?

確かに、初心者の頃は1文字0.5円〜1円の案件がメインになり、しかも作業に慣れていないので、時給換算するとアルバイトより稼げません。

しかし、スキルを身につけ実績を増やしていき、文章を書くスピードを上げていけば、半年で時給2,000円〜3,000円は十分目指せます。

努力すれば短期間で報酬が2〜3倍にも上がっていくのが、Webライターです!

Webライターの働き方

Webライターの主な働き方は以下の3つです。

  • 副業やフリーランス
  • アルバイト
  • 正社員

一般的なのは「副業やフリーランス」の働き方で、業務委託という形で仕事を受け、記事を書いていきます。

会社員のように出社の義務がないので、自宅やお気に入りのカフェなど働く場所は自由。

さらに、出勤や退勤の報告もいらないので、朝方や深夜などスキマ時間を活用して働けるんです。

ここまで解説したように、Webライターは文章を書く系の副業で1番おすすめの仕事ですが、文章を書く仕事は他にもあります。

興味のある方は「【まるわかり】文章を書く仕事7選|未経験で在宅OKな副業を紹介【Webライターがおすすめ】」にまとめているので、参考にしてみてください!

オススメ!
【まるわかり】文章を書く仕事7選|未経験で在宅OKな副業を紹介【Webライターがおすすめ】

こんなお悩みを解決できる記事を書きました! 在宅で文章を書く仕事を始めたくても、どんな仕事があるのか、どれがおすすめなのかよく分からないですよね汗 「未経験だけど働けるの?」 「必要なスキルや資格はあ ...

Webライターの仕事に必要なもの3つ

次に、Webライターの仕事に必要なアイテムを3つ紹介していきます。

  • パソコン
  • インターネット環境
  • 文章作成ソフト

ご覧のとおり、特別なツールやソフトは一切不要なんですよ!

1つずつ簡単にご紹介します。

その① パソコン

Webライターの仕事に必要なもの1つ目はパソコン。

Webライターは、デザイナーが使うような特別なソフトやツールを使わないので、MacBookのようなハイスペックPCは必要ないです。

Google検索やWord、Excelが使えれば十分なので、2〜3万ほどで購入できるPCで十分ですよ!

その② インターネット環境

Webライターの仕事に必要なもの2つ目は、インターネット環境。

WordやExcel、連絡アプリを使ったクライアントのやりとりなど、Webライターの業務はインターネット環境を整えないと仕事になりません。

「NURO光」をはじめとした格安光回線や「格安ポケットWi-Fi」でいいので、最低限のインターネット環境は準備しておきましょう。

その③ 文章作成ソフト

Webライターの仕事に必要なもの3つ目は、文章作成ソフト。

具体的には以下のような無料ソフトです。

  • Microsoft OfficeのWord
  • メモ帳
  • Googleドキュメント

どれも各サービスのアカウントがあれば無料ですぐに使えるので、購入は不要です。

【たった3つ】Webライターに必要なものはPC!仕事の始め方や稼げるようになるまでの期間も紹介にもう少し詳しくまとめていますので、よければ参考にしてください。

オススメ!
【たった3つ】Webライターに必要なものはPC!仕事の始め方や稼げるようになるまでの期間も紹介

こんなお悩みを解決できる記事を書きました! Webライターを始めたくても、なにが必要かよくわからないですよね汗 「ネットで稼ぐ仕事に必要なものってなんだろう?」 「初期費用がとても高いんじゃないの?」 ...

まとめると「特別なツールは不要」ということです!

Webライターの平均年収

「Webライターって、ぶっちゃけどれくらい稼げるの?」

こんな疑問を抱く方も多いはず。

そこで本章では、Webライターの平均年収を働き方別に紹介していきます。

  • フリーランスライター:400万円以下
  • 正社員:588万円
  • 副業:60万円以下

正直、めちゃくちゃ稼げる訳ではありません。

しかし、会社に雇われず一人で生きていくのに必要な金額は十分に稼げますよ!

フリーランスライターの平均年収:400万円以下

フリーランスライターの平均年収は400万円以下、月収に換算すると33万円です。

「思った以上に稼げないな......。」と思ったかもしれませんが、先ほど説明したように、ライターは努力しだいで収入がグングン上がっていきます。

半年ほどの短期間で、2〜3倍にも収入が上がる可能性があるんです。

また働く時間や場所が自由なため、スキマ時間を活用して働けるといったメリットもあります!

正社員ライターの平均年収:588万円

正社員ライターの平均年収は588万円で、月収に換算すると49万円。

フリーランスライターの年収400万円と比べると高給で、さらにフリーランスとは違って安定性もあります。

しかし会社員のため、短期間で一気に収入を増やすことはできません。

また、フリーランスのように働く場所や時間を自分で選べないといったデメリットも。

ただ、会社員のためいきなり仕事がなくなり来月お金がない!なんてことにはならないのが最大のメリットです!

副業ライターの平均年収:60万円以下(体験談)

Webライターの副業月収は平均6,838円で、年間に直すと約82,000円程度。

ビジネスメディアを運営する株式会社ビズヒッツが461人のWebライターにアンケート調査をしたところ、月収5,000円以下の人が最も多いことが分かりました。

60万円もいってないじゃないっすか汗

データだけ見ると確かにそうなんですが、スキルを身につけて営業すれば収入はしっかり上がるんですよ。

【暴露】Webライターの副業収入の実態|初心者でも稼げるジャンルを紹介で、紹介したのですが、僕の副業収入は以下のように上がっていきました。

  • 1ヶ月目:428円
  • 2ヶ月目:1100円
  • 3ヶ月目:16610円

そして、Webライターを1年続けた結果、月5〜10万円は副業で稼げています。

つまり、勉強してスキルを身につければ、年収60万円くらいには到達できる可能性は十分にあるんですよ。

フリーランス、正社員、副業ライターの年収に関する詳しいデータや収入の上げ方については、Webライターの平均年収は400万円以下|初心者ライターの具体的な収入や仕事の始め方も紹介にまとめたので、よければ読んでみてください!

オススメ!
Webライターの平均年収は400万円以下|初心者ライターの具体的な収入や仕事の始め方も紹介

こんなお悩みを解決できる記事を書きました! 「Webライターってどれくらい稼げるの?」 「初心者は月に数万円も稼げないって聞くけど‥‥‥。」 Webライターを始めようと思っていろいろ調べてみると「稼げ ...

Webライターのメリット・デメリット5選

ここでは、実体験を元にWebライターのメリット・デメリットを紹介していきます。

僕の体験談ですので、Webライターを始める前にぜひチェックしてみてください!

Webライターのメリット5選

Webライターのメリットは以下の5つ。

  1. 副業から挑戦しやすい
  2. 少額でも始められる
  3. 自分のペースで作業ができる
  4. 頑張り次第では独立ができる
  5. ライティングスキルが他の仕事に活かせる

最大のメリットは、誰でもすぐに始められる仕事であること。

特別なスキルや資格、経験がなくてもタイピングや会社での資料作成といった、社会人スキルがあれば誰でも挑戦できます。

また、PCとネット環境さえあれば始められるので、初期投資がほぼかからないのもメリットの1つ。

僕自身、Webライターを始めたその日に仕事を獲得できましたよ!(500円固定の安価なお仕事でしたが笑)

誰でも気軽に始められるのが、Webライターの大きなメリットです!

Webライターのデメリット5選

一方で、Webライターのデメリットは以下の5つ。

  1. 聞きなれない用語に苦戦する
  2. 仕事がなかなか取れない
  3. 始めたばかりの頃は報酬が少ない
  4. 記事を書き終わるまでに時間がかかる
  5. 体調を崩しやすくなる

Webライターの最大のデメリットは、最初はまったく稼げないということ。

初心者の頃は単価が低く、作業にも慣れていないので時給換算すると数百円になる場合も多いんですよ。

ただし、スキルを高めて営業を続ければ、副業でも月5万円〜10万円は稼げるようになります。

上記Webライターのメリット・デメリットの詳細については【副業に最適】Webライターのメリットデメリット5選!仕事の始め方も紹介【徹夜もすることも!?】にまとめてたのでよければ読んでみてください。

オススメ!
【副業に最適】Webライターのメリットデメリット5選!仕事の始め方も紹介【徹夜もすることも!?】

こんなお悩みを解決できる記事を書きました! Webライターの仕事を始めてみたいけど、実際にどんなメリットやデメリットがあるのかって気になりますよね。 「Webライターに興味があるけど、ぶっちゃけどんな ...

Webライターに向いている人の特徴3つ

ここでは、Webライターに向いている人の特徴を3つ紹介していきます。

  • 1人作業が好き
  • 相手の立場に立てる
  • 素直

1つずつ見ていきましょう。

特徴① 1人作業が好き

Webライターに向いている人の特徴1つ目は、1人作業が好きということ。

Webライターは1人で黙々と情報をまとめ、記事を書いていく仕事だからです。

会社員と違って一緒に働く上司や同僚はおらず、仕事関係で人と話すのは月に数回あるかないか。

そのため「人と話すよりも黙々と作業するのが好き」といった、職人タイプの方がWebライターに向いているんです。

1人で作業するのは好きだけど、仕事の悩みや不安を相談できる相手がいないのはきついっす......。

僕もかつては同じような悩みを抱えていました。

しかし、今はTwitterやオンラインサロンをはじめ、ライター同士が集まって意見を交換したり、相談できたりする場所はたくさんあります。

また、Twitterやインスタを見れば、ライター同士がリアルに集まるオフ会や、プロのライターに相談できる企画も定期的に開催されていますよ!

特徴② 相手の立場に立てる

Webライターに向いている人の特徴2つ目は、相手の立場に立てること。

Webライターは、読者の悩みや不安を解決する文章を書くのが仕事だからです。

例えば、ダイエットレシピの記事を書くとき。

いくら低カロリーなレシピだとしても、材料が多く手間の掛かるレシピでは、読者は継続しにくいですよね。

忙しい社会人女性をイメージし、冷蔵庫の中にある食材で簡単に作れるレシピを紹介した方が、読者のためになります。

先を読んで行動でき、相手の立場に立てる人はWebライターに向いていますよ!

特徴③ 素直

Webライターに向いている人の特徴3つ目は、素直であること。

素直な人はクライアントに信頼してもらえるからです。

クライアントも人間なので、言うことを聞かない人よりも指示した内容を素直に聞いてくれる人を好みます。

じゃあ反論はせずに、言われたことだけをやっていればいいんすか?

指示待ち人間になってしまうのは、おすすめできません。

クライアントの指示に疑問点があれば、反論ではなく「提案」という形で、質問や相談をしましょう。

素直に指示を聞き、ときには意欲的に提案できる人はWebライターに向いていますよ!

他にも月100万円ライターと会った経験から感じた特徴があるので、詳しくは「【体験談】Webライターに向いてる人の特徴|月100万ライターと会った経験から解説」を参考にしてみてください。

オススメ!
no image
サイトマップ

ページ Webライター"キッツ"のポートフォリオ|検索1位は9記事&記事LP1件 お問い合わせ サイトマップ プライバシーポリシー プロフィール 運営者情報 カテゴリーごとの投稿 Category: ...

Webライターの始め方3ステップ

ここでは、Webライターの始め方を3つのステップに分けて解説していきます。

  1. クラウドソーシングサイトに登録する
  2. 初心者向け案件を探す
  3. 仕事に応募する

Webライターの仕事はたった3ステップで始められちゃいます笑

1つずつご紹介しますね。

ステップ①クラウドソーシングサイトに登録する

ステップ1つ目は、クラウドソーシングサイトに登録すること。

初心者ライターは、以下のような業界大手のクラウドソーシングサイトに登録していきましょう。

  • クラウドワークス
  • ランサーズ

数万件以上のWebライター案件やカスタマーサポートなど、初心者でも安心して利用できる環境が整っていますよ。

上記のサイトについては、次の章で詳しく解説します。

ステップ②初心者向け案件を探す

ステップ2つ目は、初心者向け案件を探すこと。

具体的には、以下の画像のように「初心者歓迎」や「未経験歓迎」と記載のある案件に応募していきましょう。

出典:クラウドワークス

初心者向けの案件は報酬が低い分、スキルや経験がない初心者でもこなせる内容の仕事ばかり。

積極的に応募してみましょう!

1つ注意点としては、初心者向けでも文字単価が「0.5円以下」の案件はスルーしましょう。

明らかにライターの足元を見ている低単価案件のため、地雷クライアントの可能性が高いです。

地雷案件の見極め方は【厳選】Webライティング初心者でも挑戦しやすい案件例4選|選び方のポイントも紹介で解説しています。

オススメ!
【厳選】Webライティング初心者でも挑戦しやすい案件例4選|選び方のポイントも紹介

こんなお悩みを解決できる記事を書きました! Webライティング初心者だと、なかなか仕事が取れないですよね。 実力や知識的に、そもそも応募できる案件がない場合も多いです。 しかし、Webライター初心者で ...

0.5円以上の書けそうな案件にはバンバン挑戦していきましょう!

ステップ③仕事に応募する

ステップ3つ目は仕事に応募すること。

希望の案件を見つけたら「提案文」を書いて、実際に応募していきましょう。

提案文とは、仕事に応募する際に、あなたの実績やスキルをアピールする文章のこと。

提案文を書くときは、以下のポイントを押さえると、初心者でも採用される確率が高まります。

  • クライアントが狙っているターゲット
  • 募集ジャンルに関する経験・実績
  • あなたを採用するメリット

ちょっと難しくてよく分かんないと思うので、提案文の書き方に興味がある方は【例文で解説】Webライターの提案文の書き方|初心者で仕事がない状況を打破する方法をチェックしてみてください。

オススメ!
【例文で解説】Webライターの提案文の書き方|初心者で仕事がない状況を打破する方法

こんなお悩みを解決できる記事を書きました! 提案文って、どう書けばいいのか分かりにくいですよね。 僕も提案文の書き方が分からず、初心者の頃は何件応募してもまったく採用されませんでした。 でも実は、実績 ...

ここまで紹介したWebライターの始め方について、もう少し突っ込んだ内容を知りたい方は副業Webライターの始め方|初心者から月5万円稼ぐまでの完全ロードマップをご参考ください。

Webライターの詳しい始め方から実際に稼ぐまでの流れを、画像付きで詳しく解説しています!

オススメ!
副業Webライターの始め方|初心者から月5万円稼ぐまでの完全ロードマップ

こんなお悩みを解決できる記事を書きました! 副業でWebライターを始めたい!と思っても、何から始めたらいいのか分かりにくいですよね。 僕も最初は色んなサイトや案件がありすぎて、悩んでいるうちに1ヶ月く ...

Webライターが案件を獲得するのにおすすめのサイト3つ

ここからは、Webライターが案件を獲得するのにおすすめの「クラウドソーシングサイト」を3つ紹介していきます。

  • クラウドワークス
  • ランサーズ
  • サグーワークス

1つずつ見ていきましょう。

サイト① クラウドワークス

Webライターが案件を獲得するのにおすすめのサイト1つ目は、クラウドワークス

クラウドワークスの特徴は以下の2つ。

  • 案件数が多く、ライティングの案件だけでも約11万件
  • 利用者数も業界1位の約480万人(2022年5月時点)

このように、クラウドワークスは日本最大級の案件数を誇っており、自分の希望する条件に合った求人を見つけやすいです。

また「初心者歓迎」の案件が多いのもクラウドワークスの特徴の1つ。

自分の希望する条件に合った案件を見つけやすいので、Webライター初心者は絶対に登録しておきましょう!

サイト② ランサーズ

Webライターが案件を獲得するのにおすすめのサイト2つ目は、ランサーズ

クラウドワークスと同じくらい案件数が多いため、初心者はクラウドワークスと一緒に登録しておきましょう!

また、ランサーズは悪質なユーザーや規約違反者への対応を徹底しているため、地雷クライアントが少ないという特徴があります。

ライター初心者はクラウドワークスとランサーズの2つは登録しておきましょう!

サイト③ サグーワークス

Webライターが案件を獲得するのにおすすめのサイト3つ目は、サグーワークス

サグーワークスは記事制作に特化したクラウドソーシングサイト。

記事制作を依頼する発注企業数が4,000社もあるため、Webライターの案件の数が豊富で、高単価の案件も多いです。

また、サグーワークスはクライアントとの交渉を代行してくれるため、営業や執筆経験の少ない初心者Webライターでも安心して利用できますよ。

ライティング案件だけをサクッと探したいなら、サグーワークスに登録しましょう!

クラウドソーシングサービスは他にもあるので、気になる方は【Webライター必見】クラウドソーシングサイトおすすめ12選|初心者でも案件獲得を参考にしてください。

オススメ!
【Webライター必見】クラウドソーシングサイトおすすめ12選|初心者でも案件獲得

こんなお悩みを解決できる記事を書きました! クラウドソーシングサイトって、どこがいいのか分かりにくいですよね。 少し調べた人は「まずはクラウドワークスかランサーズ!」と聞いたことがあるかもしれません。 ...

Webライター初心者が挑戦しやすい案件の例3つ

ここまでの内容で、Webライターについて少し理解できてきた頃かと思います。

そこでここからは、あなたがWebライターに挑戦しやすいように、ライター初心者でも応募しやすい案件の例を3つ紹介していきます。

  • タスク案件
  • 使用経験のあるサービスやガジェットのレビュー案件
  • 本業や趣味で知見のある案件

1つずつ見ていきましょう。

例① タスク案件

初心者でも挑戦しやすい案件1つ目は、タスク案件。

タスク案件とは、500文字程度の短い文章を執筆する単発の案件。

文字数も少なく1回の執筆で仕事が完了するため、初心者にぴったりのお仕事なんです。

具体的には、以下のような案件が多いです。

  • お店や映画のレビュー
  • 500文字程度の簡単なアンケート
  • オリジナルの体験談

文字数が少ない分、報酬は少ないのが残念ですが……

初心者でも気軽に挑戦できるというのが、がタスク案件最大のメリット。

まずはタスク案件を5件くらいこなしてみましょう!

例② 使用経験のあるサービスやガジェットのレビュー案件

初心者でも挑戦しやすい案件2つ目は、サービスやガジェットのレビュー案件。

体験談を交えて文章を書いていくレビュー案件も、初心者向けの仕事です。

自分の体験談を交えて文章を書いていくため、リサーチの時間を省ける上に文字数も多くないため、初心者でもスラスラ書けます。

実際僕も、初心者の頃に「文字単価1.1円のアップルウォッチの情報まとめ」という仕事を取れました。

一度でも利用したサービスやガジェットの案件があれば、積極的に応募していきましょう!

例③ 本業や趣味で知見のある案件

初心者でも挑戦しやすい案件3つ目は、本業や趣味で知見のある案件。

すでに知見のあるジャンルの案件は、専門的な内容を書けるため初心者でも採用されやすいんです。

例えば、本業でパーソナルトレーナーをしているなら、ダイエットやトレーニングに関する知識や経験は豊富ですよね。

このように、他のライターでは書けない知識や経験を書けるので、クライアントから採用される確率が上がるんです。

本業や趣味の経験を元に、知見のある案件を探していきましょう!

案件に応募するときのポイントや避けるべき地雷案件の特徴なども解説しているので、詳しく知りたい方は「【厳選】Webライティング初心者でも挑戦しやすい案件例4選|選び方のポイントも紹介」を参考にしてみてください。

オススメ!
【厳選】Webライティング初心者でも挑戦しやすい案件例4選|選び方のポイントも紹介

こんなお悩みを解決できる記事を書きました! Webライティング初心者だと、なかなか仕事が取れないですよね。 実力や知識的に、そもそも応募できる案件がない場合も多いです。 しかし、Webライター初心者で ...

Webライターに最低限必要なスキル3つと伸ばし方

ここからは、Webライターに最低限必要なスキル3つと伸ばし方を紹介していきます。

  • 基本的なパソコンスキル
  • リサーチするスキル
  • 読みやすい文章を書くスキル

特に大切なのは、3つ目の文章力ですね。

こちらも1つずつ見ていきましょう。

スキル① 基本的なPCスキル

Webライターに最低限必要なスキル1つ目は、基本的なPCスキルです。

Webライターの仕事はPCを使って文章を書くため、PCは使えないといけません。

具体的には以下のようなスキルが必要でしょう。

  • タイピング
  • WordやExcelの基本操作
  • 検索エンジンやSNSで検索

社会人としてデスクワークをしていれば、問題なくWebライターの仕事はできます。

PCやスマホで文章を執筆できるなら、誰でもWebライターになれますよ!

スキル② リサーチするスキル

Webライターに最低限必要なスキル2つ目は、リサーチするスキル。

Webライターは、ネットや書籍、ときにはインタビューして情報を集めるケースが多いからです。

情報を集めてから執筆をするため、仕事の半分は情報収集。

そのため、Webライターは「情報収集能力」が高い人ほど活躍しやすいんです。

普段から商品を購入する前やサービスに登録する前などに、ネットで調べる癖がついている人はWebライターに向いてますよ!

スキル③ 読みやすい文章を書くスキル

Webライターに最低限必要なスキル3つ目は、読みやすい文章を書くスキル。

なぜなら、分かりにくい文章だと読者が読むのを途中でやめてしまうから。

読みやすい文章って具体的にどんな文章っすか?

具体的には以下のような文章ですね!

  • 漢字と平仮名のバランスが適切
  • 難しい言葉や専門用語を多用しない
  • 一文が短く読みやすい

ただ、ここで紹介したスキルは、最低限仕事を始めるのに必要なスキルのため、稼ぎを増やすには他のスキルも必要です。

詳しくは「【結論】Webライターに特別なスキルは不要!ライターに向いている人の特徴や副業の始め方も解説」をどうぞ!

オススメ!
【結論】Webライターに特別なスキルは不要!ライターに向いている人の特徴や副業の始め方も解説

 こんなお悩みを解決できる記事を書きました! 「Webライターを始めるのに必要なスキルはあるの?」 「スキルや資格、特別な経験もないけどWebライターに挑戦したい......!」 いざWebライター ...

初心者Webライターにおすすめの勉強方法3つ

ここでは、初心者Webライターにおすすめの勉強方法を3つ紹介していきます。

  • ライティングの本を読む
  • YouTubeで勉強する
  • ブログを始める

1つずつ解説していきます。

勉強法① ライティングの本を読む

初心者Webライターにおすすめの勉強方法1つ目は、ライティングの本を読むこと。

ライティングの本を読み込めば、Webライターに必要な知識をたくさん学べるからですね。

具体的には以下のような知識です。

  • 読みやすい文章のリズム
  • ライティングのスキル
  • ボキャブラリー

特に、読みやすい文章のリズムを学べるのは大きなメリットで、プロが書く文章を真似て、読みやすい文章を意識して執筆していけば、短期間でグッと成長できますよ。

おすすめのライティング本とかあります?

個人的におすすめなのは、以下の4つ。

  • 20歳の自分に受けさせたい文章講義
  • 今すぐ書けの文章法
  • 沈黙のWebライティング
  • 新しい文章力の教科書

上記4冊を読めば、Webライティングで最も重要な「読者のための執筆方法」と「SEO(検索エンジン最適化」について学べます。

他にもたくさんあるため、興味のある方は【初心者向け】Webライティング本おすすめ14選|記事単価2万の現役ライターが紹介を見てみてください!

オススメ!
【初心者向け】Webライティング本おすすめ14選|記事単価2万の現役ライターが紹介

こんなお悩みを解決できる記事を書きました! Webライティングの本って、どれから読めばいいのか迷いますよね。 僕も本で勉強をしてますが、似たタイトルが多くてよく悩みます笑 これまで20冊ほど読んで感じ ...

勉強法② YouTubeで勉強する

初心者Webライターにおすすめの勉強方法2つ目は、Youtubeで勉強すること。

Youtubeには無料なのに有益な情報がたくさんあるため、お金をかけずに勉強したい人は、Youtubeを活用していきましょう。

実際、Youtubeで「Webライター」と検索するとたくさんの動画がヒットします。

出典:Youtube

僕がよく参考にするのは以下の3名。

  • しかまるさん
  • KYOKO先生
  • なかじさん

まずはYoutubeにある動画を見て、Webライターの知見を高めていくのもありですよ!

勉強法③ ブログを始める

初心者Webライターにおすすめの勉強方法3つ目は、ブログを始めること。

ブログを運営すると「文章を書く→読み直して修正する」といったサイクルが生まれるため、文章力が高まりやすいんです。

また文章力以外にも、以下のようにWebライターに必須のスキルを実践的に学べます。

  • キーワード選定
  • リサーチ
  • 構成作成
  • 校正
  • 画像選定
  • メタディスクリプション執筆

ブログは無料でも始められるので、執筆の練習場としてぴったり。

文章力を高めたいなら、ブログを運営していきましょう!

Webライターの勉強法についてもっと詳しく知りたい方は【スキルアップ】未経験Webライターが1年で月10万稼ぐまでにやった勉強方法10選を参考にしてみてください。

オススメ!
【スキルアップ】未経験Webライターが1年で月10万稼ぐまでにやった勉強方法10選

こんなお悩みを解決できる記事を書きました! Webライターとして稼げるようになりたいけど、何をどう勉強すべきかって迷いますよね。 僕はクライアントから記事を真っ赤に修正されたとき、自分の文章力のなさに ...

Webライター初心者が月5万円稼ぐための具体的な方法

初心者が収入を増やすためには「案件数を増やすこと」と「文字単価を上げること」が重要です。

Webライティングの収入は、以下で計算できます。

  • 収入=文字数×記事数×文字単価

文字数は案件のクライアントの意向によるので、できるのは「記事数を増やす」か「文字単価をあげる」こと。

記事数と文字単価を上げる、具体的な方法は以下のとおりです。

  • 案件数を増やす
    ①クラウドソーシングサイトの登録数を増やす
    ②継続案件に絞って応募する
    ③提案文を改善する
  • 文字単価を上げる
    ①SEOライティングを身につける
    ②稼げる専門ジャンルを作る
    ③他のライティングにチャレンジする
    ④ブログを運営する

詳細は初心者Webライターが半年で副業で月5万円稼ぐための具体的な方法で解説しているので、収入を増やす方法が気になった方は、ぜひ読んでみてくださいね。

オススメ!
初心者Webライターが半年で副業で月5万円稼ぐための具体的な方法

こんなお悩みを解決できる記事を書きました! 副業でWebライターを始めても、なかなか上手く稼げないですよね。 僕がWebライターを始めた初月の収入は、なんと428円でした… でも、それもそのはず。 初 ...

Webライターをやってみてきつく感じたときの対処法3選

Webライターをやってみた後によくあるのが「Webライターやってみたけど、正直きつい……」となるケース。

低単価すぎて全然稼げなかったり、納期に追われたりしてやめちゃう人も多いんですよ汗。

そこで最後に、もしあなたがWebライターを始めた後に、後悔しないための対処法をざっくりとご紹介しておきます。

  • 仕事を選ぶ
  • 得意ジャンルを作る
  • 単価交渉してみる

1つずつ見ていきましょう。

対処法① 仕事を選ぶ

Webライターをやってみてきつく感じたときの対処法1つ目は、仕事を選ぶこと。

というのも、Webライター初心者のうちは、なんでもかんでも仕事を受けすぎる傾向ありまして……

文字単価0.1円といった超低単価案件をたくさん受けてしまい、働いた割にぜんぜん稼げずに疲弊することがとっても多いんですよ汗

作業が大変で苦手な案件を無理して続ける必要はなく「きついな.....」と感じたら、案件の継続を断り、他の案件を探してみてください。

副業Webライターでストレスを溜めてしまっては本末転倒。

仕事はしっかり選んでいきましょう。

苦手な案件で消耗するより、得意な案件で効率よく稼ぐ意識を持つといいですよ!

対処法② 得意ジャンルを作る

Webライターをやってみてきつく感じたときの対処法2つ目は、得意ジャンルを作ること。

得意ジャンルを作らないと、毎回新しいジャンルでの執筆になるため、案件獲得やリサーチに時間がかかりすぎちゃうんです。

すると、書くために毎回勉強が必要になり、仕事がしんどくなってしまうんですよ。

逆に言えば、すでに知見のある得意ジャンルを作れば、リサーチ時間や執筆時間を減らせる上に、記事をスラスラ書けるので辛さを軽減できます。

得意ジャンルは、自分の職歴や趣味を考慮して決めていきましょう。

  • 証券会社に勤めている→金融系のジャンルに特化
  • エステサロンで働いている→美容ジャンルに特化
  • キャンプが好き→アウトドアジャンルに特化

専門家レベルの知識は必要なく、他の人よりも詳しく語れるレベルの知識量で大丈夫です。

得意ジャンルを作り、その分野の特化ライターになれば単価も上がりますよ!

対処法③ 単価交渉してみる

Webライターをやってみてきつく感じたときの対処法3つ目は、単価交渉してみること。

最初は文字単価が低いのは仕方ないのですが、実績が溜まっても単価が低いままで思ったように稼げない……なんてライターもたくさんいます。

そんな時は思い切って単価交渉をし、今よりも報酬が上がればモチベーションもUPしますよ。

具体的な単価交渉方法は、以下を真似してみてください。

  1. 他の仕事を巻き取る
  2. 修正数の推移を根拠に交渉する
  3. 安定的に納品できる記事数を提案する
  4. 他の案件と比較する

でも、単価交渉なんてしたら嫌がられて逆に仕事を失いそう.......

分かります。初めての単価交渉は怖いですよね

でも、単価交渉ってライターの界隈ではよくあることで、多くのライターが単価交渉をしているんです。

実際僕も単価交渉の経験はありますが、すでに信頼関係があったので、すんなり1.5円→2.0円に上げてもらえました。

目安として3ヶ月以上継続してお仕事をもらえてるなら、単価交渉にチャレンジしてみましょう!

Webライターの報酬が低くて悩んでいる方は【解決策】Webライターがつらい状況から脱出し高単価ライターとして活躍する方法も参考にしてみてください。

オススメ!
【解決策】Webライターがつらい状況から脱出し高単価ライターとして活躍する方法

こんなお悩みを解決できる記事を書きました! Webライターをやっていると、つらいことってほんと多いですよね汗 「何件提案しても仕事が取れない……」 「せっかく仕事を取れても、低単価でぜんぜん稼げない… ...

Webライターで稼いでみたいなら、Webライター講座"Writing Hacks"の受講がおすすめ!

Webライターの仕事や内容はなんとなく分かったけど、本当にWebライターで稼げるのか不安っすねぇ……

もしあなたが、Webライターとして早く稼いでみたいなら、Webライター向けライティング講座の Writing Hacks を受講し、高単価ライターを最速で目指してみませんか?

writing hacksの評判

Writing Hacks とは、初心者Webライターからでも独立できるレベルの高単価ライターになるための必要なスキルやノウハウを学べるライティング講座。

経験者はもちろん、初心者からでも高単価な仕事を獲得できるライティング技術や案件を獲得し単価を上げるためのノウハウが詰まっています。

月100万円稼ぐプロライターからの添削や単価交渉術まで学ぶことで、単純にライティング技術を高めるだけでなく”高単価な仕事を獲得できるWebライター”を目指せます!

講座の強み

  1. 卒業生限定のグループに招待され、仕事を紹介してもらえる
  2. プロ講師による添削を3回受けられ、ライティングスキルが高まる
  3. ライティングの仕方だけでなく、仕事の取り方や単価交渉術まで学べる

もうちょい深いとこ知りたいっすね〜

Writing Hacksの強み① 卒業生限定のグループに招待され、仕事を紹介してもらえる

Writing Hacks では、受講者限定特典として”卒業生限定のグループ”に招待され、仕事を共有してもらえます。

Webライターに限りませんが、お金を稼ぐ上でもっとも難しいのって案件の獲得じゃないですか?

仕事さえ取れてしまえば、あとは全力でクライアントに貢献していけばいいのですが……

肝心の仕事を取れないと、いつまでたっても稼ぐことができません。

その点、Writing Hacksを受講すれば、お仕事紹介制度により案件を獲得しやすくなり、仕事を始めて稼ぎ始めることができるんです。

案件獲得に苦戦している方にとって、かなり嬉しい特典ですね!

Writing Hacksの強み② プロ講師による添削を3回受けられ、ライティングスキルが高まる

現役のプロ講師から3回添削してもらえることも、Writing Hacksの大きな強みです。

添削してくれるのは、ブログやライターで月100万円以上稼いでいる以下のプロ講師陣。

添削といっても、簡単なアドバイスをもらえるだけでありません。

あなたが書いた記事の悪かった点やよかった点を具体的にコメントしてもらえるため、あなたの強みや弱み、次の記事に活かしていくポイントなどを理解できますよ!

ちなみに、僕が過去に入会経験のある講座の講師やオンラインサロンのオーナーなど、実力者たちが口を揃えて言っていたのが「文章力を上げたければ、とにかく添削を受けろ」という言葉。

丁寧に添削してもらえれば改善点がすぐに分かり、クライアントさんに納得してもらえるライティングスキルが身につきますよ!

Writing Hacksの強み③ ライティングの仕方だけでなく、仕事の取り方や単価交渉術まで学べる

Writings Hacksは、ライティングの仕方に留まらず、仕事の取り方や単価交渉術など稼げるライターに必要なスキルを広く身につけられます。

具体的な講義の内容は、以下のとおり。

まず、昨今のSEO事情を背景にクライアントがどういう記事を求めているのか、Webライターが稼いでいくためにはどうしていくべきなのかなど、稼いでいくためのマインドセットを身につけていきます。

Webライティングについては、悩みがちなタイトルや見出し、リード文の書き方についても、例文を使って分かりやすく解説。

Webライターに必須のSEOスキルはもちろん、初心者からでも稼いでいくために、以下のようなノウハウも組み込まれています。

  1. 仕事を取れるソフトスキル
  2. 仕事の取り方
  3. 単価交渉術
  4. リライト案件の受け方
  5. 取材記事の書き方

Webライターという仕事は、しっかりとスキルを身につけないと低単価の仕事ばかりになってしまいがちな職業。

PCで文章を書ければすぐに始められるため、参入障壁が低く競合が増えやすい傾向にあるからです。

つまり、稼ぎやすい高単価な案件は、スキルのある一部のWebライターに集中しやすい状況なんですね汗。

とはいえ、しっかりとスキルさえ身につければ「稼げるWebライター」になることはできます。

Writing Hacksでは、単なる「ライティング講座」ではなく、クライアントから求められるWebライターになるためのマインドセットや仕事の取り方、適切な単価交渉術にまで踏み込んで解説されています。

初心者からでも稼げるWebライターを目指せそうですね!

このように、 Writing Hacks には稼げるライターに必要な基礎力から応用力、Webライターとして仕事を獲得するためのノウハウが凝縮されています。「仕事を取れるWebライターになりたい」「ライティング力を高めたい」「高単価な案件を獲得したい」という方は、ぜひチェックしてみてください!

>>Writing Hacksで"稼げるライター"を目指す

まとめ|Webライターを始めるのに特別なスキルや資格、経験は必要ない

本記事では「Webライターとは?仕事内容や必要なスキルを解説│未経験から始める方法も紹介」として、以下の内容について解説していきました。

  1. Webライターとは?仕事内容や必要なスキルを解説│未経験から始める方法も紹介
  2. Webライターとは、ネットや書籍から情報を集めて記事を書く仕事
    Webライターの仕事内容
    Webライターの報酬形態
    Webライターの働き方
  3. Webライターの仕事に必要なもの3つ
    • アイテム① パソコン
    • アイテム② インターネット環境
    • アイテム③ 文章作成ソフト
  4. Webライターの平均年収は400万円以下
    • フリーランスライターの平均年収は400万円以下
    • 正社員ライターの平均年収は588万円
    • Webライター初心者の副業収入の実態は月1万円以下
  5. Webライターのメリット・デメリット5選
    • Webライターのメリット5選
    • Webライターのデメリット5選
  6. Webライターに向いている人の特徴3つ
    • 特徴① 1人作業が好き
    • 特徴② 相手の立場に立てる
    • 特徴③ 素直
  7. 副業OK!Webライターの始め方3ステップ
    • ステップ①クラウドソーシングサイトに登録する
    • ステップ②初心者向け案件を探す
    • ステップ③仕事に応募する
  8. Webライターが案件を獲得するのにおすすめのサイト3つ
    • サイト① クラウドワークス
    • サイト② ランサーズ
    • サイト③ サグーワークス
  9. Webライター初心者が挑戦しやすい案件の例
    • 例① タスク案件
    • 例② 使用経験のあるサービスやガジェットのレビュー案件
    • 例③ 本業や趣味で知見のある案件
  10. Webライターに最低限必要なスキル3つと伸ばし方
    • スキル① 基本的なPCスキル
    • スキル② リサーチするスキル
    • スキル③ 読みやすい文章を書くスキル
  11. 初心者Webライターにおすすめの勉強方法3つ
    • 勉強法① ライティングの本を読む
    • 勉強法② YouTubeで勉強する
    • 勉強法③ ブログを始める
  12. Webライター初心者が月5万円稼ぐための具体的な方法
  13. Webライターをやってみてきつく感じたときの対処法3選
    • 対処法① 仕事を選ぶ
    • 対処法② 得意ジャンルを作る
    • 対処法③ 単価交渉してみる
  14. まとめ|Webライターを始めるのに特別なスキルや資格、経験は必要ない

いざWebライターに挑戦しようと思っても、未経験だと何から始めればいいのか分からず、中々行動できないですよね。

僕自身、Webライターを始める前は調べるばかりで行動に移せず、常にモヤモヤしていたのを覚えています。

ただ「副業で稼いで今の生活をより良くしたい」という想いがあったので「このままではダメだ!」と考えを改め、一念発起。

最初の頃は月に1万円も稼げませんでしたが、努力を続けていった結果、今では記事単価2万円、文字単価3円のWebライターに成長できました。

未経験かつスキルも資格もない僕ですが、思い切って行動し、努力を続けたおかげで今があります。

今こうして熱心にライターの勉強をしているあなたなら、必ずWebライターとして稼げるようになれますよ!

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたがWebライターとしての一歩を踏み出せるよう、願っています。

-Webライターの始め方